生産工・学術講演会を開催

学部・大学院

2005.12.19 15:42

 生産工学部は12月3日に、同学部37号館で「第38回学術講演会」を開催した。研究活動の活性化、学外研究者との交流促進、研究者の育成などを目的に毎年行っている。


 全7学科と教養・基礎科学系で構成する一般部会は、計385件の研究を発表。また「第1回ハイテク・リサーチ・センター研究発表講演会」が2会場に分けて行われ、計14件の研究が発表された。その後、懇親会と学術賞受賞者等表彰式が行われた。
 発表された研究のいくつかは、日本大学産官学連携知財センター(NUBIC)を通じて、特許申請される。