囲碁部 村本さん 帰国途中の機内で倒れ死去

学部・大学院

2005.11.21 13:20

 囲碁部の村本達郎さん(国際関係・国際ビジネス情報3)が10月28日、急性硬膜下血腫で死去した。


 村本さんは同月19日から23日にかけてタイ・バンコクのサイアム大学で開催された第10回アジア大学生囲碁大会に頭痛を押して出場。25日、帰国途中の飛行機の中で倒れ、成田赤十字病院に運ばれたが、28日午後10時47分に死去した。村本さんは小学校3年生のころから囲碁を始め、日本棋院から3段の認定を受けている。
 囲碁部のメンバーの1人である中西健一さん(経済・経済3)は「突然の死で大変驚きました。今でも村本さんの死を現実のものとして受けとることができません。まじめな性格で囲碁が好きでした。日ごろから囲碁の勉強を熱心にやっていました。僕が勝てなくてつらいときも励ましてくれたり、本学チームのために戦ってくれただけに非常に残念です」と話した。