生産工 建築展2005を開催 卒業研究などを発表

学部・大学院

2005.11.21 12:59

 生産工学部建築工学科は10月27日から30日まで「建築展2005」を東京・KOIZUMIライティングシアターホール/イズムで開いた。


 学部生や大学院生が、卒業研究などで制作した建築モデルなどを発表する展覧会で、1993年から2年おきに開催している。
 テーマは「自然環境と共生し、コラボレーションにより新たな価値を生み出し、建築空間を創造する教育」。建築モデルは建築物が自然の風景から孤立しないよう、空や木を景観に取り込んだ。
 川島晃専任講師(建築構造力学)の話 社会に開かれた大学を目指した。学生の活躍に自信があるから発表できる。