メニューの開閉

総合

2023年度司法書士試験  難関試験に合格

本学からは4人

 法務省は11月10日、2023年度司法書士試験の合格者を発表した。受験者数1万3372人のうち695人が合格。合格率は約5・19%だった。

 本学からは佐野亮太さん(法・法律4)、島貫泰行さん(同4)、橘田彩音さん(24歳、2022年同卒)、中島剛さん(27歳、19年同卒)の4人が合格した。4人は全員法学部が資格取得支援のために設けた「学生研究室」の「司法書士科研究室」に所属。本学出身の司法書士などの指導を受けながら勉強を続けてきた。

 佐野さんは「合格していて安心した。大学時代を勉強にささげて良かった」と語った。

 司法書士試験は不動産や法人の登記業務や法的書類の作成、相続などを担う国家資格。例年合格率が低く、難関資格の一つとして知られている。