メニューの開閉

総合

私学助成金  3年連続不交付

事件対応が影響

 日本私立学校振興・共済事業団は10月23日、本学への今年度の私立大学等経常費補助金(私学助成金)全額不交付を決定した。全額不交付は3年連続。同日行われた事業団の運営審議会での検討を踏まえ、その後の同理事会で最終決定した。

 本学の私学助成金は不適切な管理運営体制などを理由に2021、22年度の補助金が全額不交付となった。

 今回の決定は同事業団によると、本学がアメフット部員の違法薬物所持事件対応に関し、現執行部の情報伝達不全などから「ガバナンス体制に改善が見られない」とし、今年度の全額不交付を決めたとしている。