メニューの開閉

総合

大相撲 輝鵬関に化粧まわし贈呈 

  • 相撲

7月場所から十両に

 大相撲7月場所からの十両昇進が決まった輝鵬関(宮城野部屋、本名・川副圭太=2022年文理卒)へ化粧まわしが贈られた。

 贈呈式は7月3日に東京・市ケ谷の日本大学会館で行われ、林真理子理事長や酒井健夫学長らが出席した。

 輝鵬関は大学4年生のときに全国学生選手権の個人戦で優勝し、学生横綱に輝いた実績を持つ。初土俵は22年9月場所。幕下十五枚目格付け出しで、プロデビューを果たした。

 身長167㌢、体重111㌔と小兵ながらも、順調に白星を積み重ねていき、わずか1年で十両へと昇進した。まだまげも結えない輝鵬関だが「やっとスタート地点に立てた。横綱を目指し突き進んでいく」と十両昇進を一つの通過点として捉え、最終ゴールに向けて目を輝かせていた。

合わせて読みたい

  • 情報募集中
  • ご意見・ご感想