メニューの開閉

総合

2022年度決算  総額2655億円  予算比約63億円増  

2022年度決算が5月24日に東京・市ケ谷の日本大学会館で開かれた評議員会で報告、承認された。資金収支決算総額は予算比63億1263万3006円(2・44%)増の2655億1263万3006円となった。評議員会には林真理子理事長、酒井健夫学長をはじめ評議員48人(書面による議決権行使者を含む)が出席した。

【収入の部】収入の柱となる学生生徒等納付金収入は、高等学校・中学校における生徒数の減少による授業料及び入学金などの減少などで同1億0449万3343円(0・09%)減の1127億2432万6657円。

補助金収入が新型コロナウイルス感染症医療提供体制緊急整備事業補助金の増収などにより同42億1414万3160円(34・29%)増の165億0516万3160円。

【支出の部】施設関係支出、設備関係支出は事業計画の見直し、工事計画の工期変更などによりそれぞれ同42億6753万0443円(52・08%)減の39億2634万9557円、同9億1034万6076円(15・35%)減の50億2000万3924円。

人件費支出が板橋病院における医療職員減少による職員人件費減少などにより同8億2768万3893円(0・88%)減の930億1775万6107円。