メニューの開閉

総合

本学『長秋詠藻』展示 五島美術館の西行展にて  

東京都世田谷区の五島美術館が10月22日から12月4日まで開催した「特別展 西行―語り継がれる漂泊の歌詠み―」に、本学図書館所蔵の重要文化財『長秋(ちょうしゅう)詠(えい)藻(そう)』が展示された。

この展示物は、平安時代後期から鎌倉時代前期にかけて活躍した歌人・藤原俊成が、1178年に仁和寺の守覚法親王の命により編さんした私家集。上・中・下3巻合1帖の中に460もの和歌が収録されている。同書は鎌倉時代に俊成の曾孫・冷泉(れいぜい)為相(ためすけ)が書写したと伝えられる『長秋詠藻』の最古写本として貴重だ。

名称の「長秋」は皇后の唐名。当時、俊成が皇太后宮大夫の役職に就いていたことにちなんでいる。下巻「雑歌」の末尾には西行の歌と、それに対する俊成の返歌が記されている。
同展には、平安時代末期の歌人・西行に関する古筆や絵画、書物、工芸など約100点が展示され、来場者の目を楽しませた。

合わせて読みたい

総合

2020年東京五輪 本学にも歓喜の波 理工・岸井教授が招致に一役

 2020年オリンピック・パラリンピックの東京開催が決まった。列島が喜びに包まれる中、田中英壽理事長が日本オリンピック協会(JOC)の副会長を務める本学でも歓喜の波が広がった。3月の国際オリンピック協会(IOC)による候 […]

総合

後期授業 オンライン環境整備し継続 Zoomと包括契約

本学は新型コロナウイルス感染症対策として、後期の授業を対面とオンラインを併用して実施する。対面授業は学生・教職員の健康管理と学部での感染防止対策を徹底して行う。後期のオンライン授業の円滑化を図るため9月1日にウェブ会議サ […]

総合

2018年度一般入試志願者数2年連続11万人台 N方式の認知度確実に上昇

 2018年度の本学一般入試志願者数(学部・短期大学部)は11万5981人(3月14日確定)で2年連続で11万人を超えた。私立大では近畿、法政、明治、早稲田大に次ぐ5位。

総合

文理 発掘の成果を展示 商学部の遺跡出土品が並ぶ

 商学部の新校舎建設に伴って出土した縄文時代から近代にわたる遺跡の土器、石器などが9月25日から、文理学部資料館で展示されている。展示は今回が初めて。