メニューの開閉

総合

司法書士試験で  盛子愷さん合格

法務省は11月11日、2022年度司法書士試験の合格者を発表した。受験者数12727人のうち合格者は660人。合格率は約5・19%だった。

本学からは盛子愷(せいしがい)さん(法・法律3)が合格した。盛さんは法学部が資格取得支援のために設けた「学生研究室」の「司法書士科研究室」に所属。本学出身の司法書士などの指導を受けながら勉強を続けてきた。

盛さんは「あきらめず希望をもって勉強したことが合格につながった。今後は司法試験に挑戦し、幅広い法的知識をもって人の役に立ちたい」と合格の喜びを語った。

司法書士は不動産や法人の登記業務や、法的書類の作成、相続、成年後見業務などを担う国家資格。例年合格率が低く、難関資格の一つとして知られている。

合わせて読みたい

総合

夏期スクーリング  秋には創立60周年行事も

 通信教育部の夏期スクーリングが8月4日から23日までの日程で行われている。全国から2738人の受講生が集まり、猛暑の中、真剣な表情で対面授業に臨んだ。同部は11月に創設60周年を控えており、今年後半には懸賞論文募集など […]

総合

総合生涯学習センター 迫真の朗読、観客引き込む 近藤サトさん講演

 総合生涯学習センターの特別講演会が4月21日、東京都千代田区の日本大学カザルスホールで行われ、フリーアナウンサーの近藤サトさん(本名・今岡サト、40歳、1991年芸術卒)が「近藤サトが伝えたい! 朗読の楽しさ―朗読研究 […]

総合

プロゴルフ 片山永久シード権獲得 日本プロ史上7人目

 ゴルフの第73回日本オープン選手権が10月16日から19日まで、福岡県の古賀ゴルフ・クラブで行われ、片山晋呉(1991年法入学)が3年ぶりの優勝を果たした。

総合

芸術 教職員展「間と軸」 銅版画など多彩な技法披露

 江戸時代の庄屋屋敷だった古民家に、芸術学部美術学科の教員らの作品を展示する教職員展「間と軸」が10月2日から19日まで、埼玉県所沢市の柳瀬荘で開催された。