メニューの開閉

総合

2022年度入学式  1万8千人が桜門の仲間に  新入生笑顔の船出

2022年度入学式が4月8日に東京・九段の日本武道館で行われ、1万8606人の新入生が桜門の仲間に加わった。
式は、新型コロナウイルス感染対策を講じ3回に分けて行われた。加藤直人理事長・学長は告辞で、本学に関する事件について「信頼回復に向けて取り組んでいるので安心して学生生活を送ってほしい」と述べた。
第1部は芸術学部演劇学科の磯部美波さん、第2部は法学部法律学科の早坂えりさん、第3部は生産工学部建築工学科の萩原舞衣さんが新入生を代表して宣誓した。
今年度の新入生は学部・通信教育部が1万6854人、大学院研究科1410人、短期大学部325人、同部専攻科17人の計1万8606人。
新入生の声
▽国語の教員免許を取りたいです。ただ日本語を学ぶだけでなく、留学生の人と交流して視野を広げたいです。竹内 凜斗さん(文理・教育)
▽テレビ制作の勉強をして将来は制作会社でバラエティ番組に携わりたいです。安孫子 知世さん(芸術・放送)

合わせて読みたい

総合

生産工 創設60周年祝い式典 田中理事長「日本支える人材育成を」

 生産工学部の創設60周年記念式典が10月20日、千葉市内のホテルで行われ、田中英壽理事長、大塚吉兵衛総長、松井勇同学部長ら140人が出席した。

総合

芸術青木教授1位に  故郷のジオラマを制作

芸術学部文芸学科の青木敬士教授(文芸創作研究)が制作したジオラマがこのほど、鉄道模型の専門誌が主催する「TMS(鉄道模型趣味)レイアウト・コンペ2021」で入選筆頭(1位)に選ばれた。 受賞作の題名は「苫小牧1975」。 […]

総合

経済 田中講師がカメラ開発 高精度な位置情報も記録

経済学部の田中圭専任講師(自然地理学)が開発した、映像と共に正確な位置情報を記録できるカメラがこのほど、地理空間情報に関するアイデアなどを紹介する国土地理院主催のイベント「Geoアクティビティコンテスト」で測量新技術賞を […]

総合

鳥人間コンテスト 津田沼航空研 初の頂点 

 読売テレビ主催の「鳥人間コンテスト2017」が7月29、30日に滋賀県彦根市の琵琶湖東岸で開かれ、滑空機部門に出場した生産工学部の津田沼航空研究会(佐藤光代表=機械工3)が440・37㍍の学生記録を樹立し13度目の挑戦 […]