メニューの開閉

総合

コロナワクチン 職域接種6万7千回 学生・教職員ら3万4千人に

本学はこの夏、全国の総合大学に先駆けて新型コロナワクチン職域接種という難事業を成し遂げた。大学としての総力を挙げた事業の中間概要がこのほど明らかになった。
本学は慶応大、近畿大とともに6月21日から全国の大学で最初に接種を開始。医学部を除く15学部と通信教育部の学生、教職員、付属校教職員(幼稚園、こども園含む)らを対象に1回目と2回目を合わせて計約6万7000回の接種を実施し、総接種者数は約3万4000人に上るとみられる。今回の職域接種では全てモデルナ社製ワクチンが使用された。医療機関接種を実施した医学部は含まれていない。
会場はお茶の水(理工学部駿河台キャンパス)と三軒茶屋キャンパス、文理、芸術、国際関係、工、松戸歯、生物資源科各学部の8カ所に設けられた。お茶の水会場では歯、薬学部と日本大学病院から医師、歯科医師、看護師、薬剤師約700人が接種にあたり、各学部の職員延べ約1870人が会場での整理、誘導にあたった。
6月21日から9月24日までの約3カ月間と8会場のなかで最も長期の接種が行われたお茶の水会場では、経済など5学部と通信教育部の学生・教職員らに約4万回の接種を行った。
三軒茶屋キャンパス会場では危機管理、スポーツ科、商学部を対象に約1960回、文理学部会場では同学部を対象に約4680回、芸術学部会場では、同学部を対象に約5600回、国際関係学部会場では同学部を対象に約2160回、工学部会場では同学部を対象に約3550回、松戸歯学部会場では同学部と薬学部を対象に約2040回、生物資源科学部会場では同学部を対象に約6440回の接種が行われた。

合わせて読みたい

総合

法 道州制推進派の増田氏熱弁 「地方分権進めよ」

 法学部の公共政策学科開設を記念して道州制導入など地方分権推進派の論客として知られる増田寛也氏による講演が4月25日、同学部10号館で行われた。演題は「地方発・日本再生の道―変革(チェンジ)への挑戦」。

総合

スキー体育大会 医が団体総合優勝 女子は吉野が2種目制す

 体育大会のスキー競技(小沢達朗実行委員長=松戸歯3)が、3月2日から6日まで、新潟県妙高市の池の平温泉スキー場などで行われ、団体総合と男子団体総合は医学部、女子団体総合は歯学部が優勝した。

総合

通信教育 1号館屋上を緑化 都などが費用の半額を補助

 通信教育部がこのほど実施した同部1号館の屋上緑化が、東京都などが進める「クールルーフ推進事業」として認められ、工事費の半額補助を受けることになった。費用の半額の129万7千円が交付される予定。本学の屋上緑化工事が外部の […]

総合

エヌドット募金 総額208万円難民の子支援に

 昨年のNU祭などで寄せられた「エヌドット募金」の贈呈式が2月22日に日本大学会館で行われた。総額は208万1507円で難民の子どもたちの教育支援に役立てられる。