メニューの開閉

総合

若手研究者助成金 今年度は9件対象 件数、額とも大幅アップ

2021年度の若手研究者環境整備支援助成金の交付対象研究課題と交付額が10月19日に決定した。同助成金は、本学が掲げる「教学に関する基本方針」を基に、社会変化に対応可能な研究基盤の再構築推進を図るため今年度に新設された。
対象となった研究課題は、理工学部小林伸彰准教授(ものづくり技術)の「深層学習による高効率なIoT向け脳―機械エッジデバイスの開発」など9件。交付総額は2683万円(1件の上限300万円)に上った。
研究力強化を目指す本学は「本部研究助成金制度」の枠組みを大幅に変更。特に次世代を担う若手研究者の「自立して研究できる環境の整備」支援では、前身の「若手研究者学部連携研究助成金」の採択件数(1件)を9件に増やし、予算総額も300万円から2700万円に増額した。
交付対象研究者はほかに石橋寛樹助教(工学部)、梅田香織助教、加藤侑希助教、長野伸彦准教授(以上、医学部)、越後谷裕介専任講師、柴﨑康宏助教(以上、生物資源科学部)、徳田栄一専任講師、和田平准教授(以上、薬学部)。

合わせて読みたい

総合

同時多発テロに注意

 本学は7月7日発生した英国・ロンドンでのテロに対する外務省からの注意喚起を受け、同月8日に該当地域への渡航・派遣留学プログラムの実施取扱いについて「新たな危険情報が発せられた場合には、その取扱いについて別途通知」すると […]

総合

北京五輪聖火リレー 文理学部・早田教授が参加

 「調和の旅」をテーマに世界21カ国を巡る北京五輪の聖火が4月25日にオーストラリアから東京・羽田空港に到着し、文理学部の早田卓次教授(体操方法論)らが聖火ランナーを務めた。  

総合

公務員試験対策講座 受講者数制限して実施 3回に分け168人が参加

学生部就職課は1月下旬から2月下旬にかけて公務員志望者を対象とする「人物試験対策・面接特訓講座」を開講した。 例年、東京都渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センターで2泊3日の合宿形式で開催されてきたが、ことしはコロ […]

総合

生物資源科 海洋立国推進に貢献 ウナギ研究の塚本教授表彰

 世界的なウナギ研究者として知られる生物資源科学部海洋生物資源科学科の塚本勝巳教授(ウナギ学)が7月9日、第6回海洋立国推進功労者として表彰を受けた。