メニューの開閉

総合

鳥人間コンテスト 津田沼航空研究会が出場  滑空機部門で3位

読売テレビ主催の「鳥人間コンテスト2021」が7月31日と8月1日に滋賀県彦根市の琵琶湖畔で開催され、滑空機部門に出場した生産工学部の津田沼航空研究会は265.47㍍で3位だった。
3年ぶりの優勝を目指す同研究会は今回、追い風でスピードに乗れる機体「アリア(イタリア語で空気)」を製作し本番に臨んだ。
しかし「アリア」は向かい風の中でのテークオフ。機体は最も距離が延びるとされる湖面すれすれを滑空したものの、琵琶湖特有の風にあおられ、飛距離を伸ばせず約25秒間のフライトの後に着水した。
従来は1年間かけて機体を製作しているが、コロナ禍の影響で今回は製作期間が3カ月ほどしか取れず、細かい調整ができなかった。
パイロットの中島敦之さん(機械工3)は「思ったより記録が伸びず悔しい」と話した。
また、代表の阿部孝紀さん(同3)は「記録は残念だが、最後までチームでやり遂げたことには意味があった」と話した。

 

合わせて読みたい

総合

芸術 東ティモール各地で撮影 大統領宮殿で写真展

 芸術学部写真学科の鈴木孝史教授(ファインアート)と同学科の川西悠太さん(4)、斉藤優作さん(3)、高木美佑さん(2)の4人が8月上旬、東ティモールを訪問。4日間の撮影旅行の後、首都ディリの大統領宮殿で写真展を開催した。

総合

芸術 医療従事者にエール 練馬のフェンスに応援アート

芸術学部デザイン学科3年生福田千尋さんの絵画作品が昨年11月から、東京都練馬区の練馬光が丘病院移転予定地を囲む工事フェンス高さ約3㍍に展示されている。 練馬区による「医療従事者に向けた応援アート事業」の一環。新型コロナウ […]

総合

理工 船橋でハロウィーン 仮装した子ら伸び伸びと

 理工学部と船橋市美し学園自治会の共催ハロウィーンイベントが10月29日に理工学部船橋校舎で開催され、小学生以下の子どもたちや保護者ら約1000人が来場した。

総合

再生会議、答申へ議論大詰め  順法精神ある理事長選出を

本学組織の抜本的な改革を審議する「日本大学再生会議」(議長=矢田次男弁護士)は、3月末に策定する答申書に向けた議論が大詰めを迎えている。3月7日の第6回会議までに各委員の提言に基づく議論を終え、独裁的リーダーを排し順法精 […]