メニューの開閉

総合

芸術青木教授1位に  故郷のジオラマを制作

芸術学部文芸学科の青木敬士教授(文芸創作研究)が制作したジオラマがこのほど、鉄道模型の専門誌が主催する「TMS(鉄道模型趣味)レイアウト・コンペ2021」で入選筆頭(1位)に選ばれた。
受賞作の題名は「苫小牧1975」。青木教授が5歳だった1975年当時の故郷、北海道・苫小牧の風景を再現したもので、幼時の記憶に強く刻まれた建物をことごとく箱庭に詰め込み、16年掛かりで完成させたという大作だ。作品は「鉄道模型趣味」8月号の表紙を飾った。
同コンペは機芸出版社の月刊誌「鉄道模型趣味(TMS)」が年1回開催している鉄道模型やジオラマのコンテストで、ことしで44回目。応募総数は非公表だが、入賞作品数は計45点。青木教授の作品がその中でトップに輝いた。
青木教授は「表紙になったことは非常にうれしい。次回は江古田を中心とした西武線沿線の風景を作りたい」と話した。

苦心のジオラマを前に、作品が表紙を飾った「鉄道模型趣味」を示す青木教授

合わせて読みたい

総合

文理 仕事研究講座を開催 OBらが就活の経験語る

 文理学部は7月2日、百周年記念館で就活支援のための「仕事研究講座」を開催した。大手企業で働く同学部の卒業生3人の就活体験に約400人が耳を傾けた。

総合

日本の大学展開催 本学など62大学が資料出展

  国内の大学の歴史に関する情報交換を目的に設立された全国大学史資料協議会東日本部会と明治大学史資料センターが共催する「日本の大学-その設立と社会」展が1月15日から2月14日まで東京都千代田区の明治大学博物館特別展示室 […]

総合

理工 天野教授らに開発賞 景観配慮したガードレール

 理工学部の天野光一教授(景観工学)らのグループはこのほど、平成19年度日本アルミニウム協会賞の開発賞を受賞した。景観に配慮したアルミ合金製ガードレールの研究開発が評価された。

総合

国際関係  地元の観光需要応援  ゼミ生が宿泊プラン企画

国際関係学部の矢嶋敏朗准教授(観光学)によるゼミが地元、静岡県内の観光需要を高めることを目的に、富士山三島東急ホテルに宿泊、日帰りプランを企画提案した。 同プランは矢嶋ゼミの4年生13人が半年以上かけて企画した。コロナ禍 […]