2022年度入試概要 大幅な変更なし 医歯系でN2期

総合

2021.7.20 13:56

2022年度入試の概要がまとまった。
主な変更点としては、医学部で「A個別方式」を廃止するほか、医、歯、松戸歯学部で一般選抜の「N全学統一方式第2期」を新規導入する。
21年度に引き続き、「N全学統一方式」の入学検定料は1万8千円(医学部6万円、歯学部2万4千円)。「A個別方式」を同時出願した場合は、A個別方式の入学検定料3万5千円のみで出願できる。
また、法学部「A個別方式第1・2期」と文理学部「A個別方式第1・2期」、理工学部「A個別方式」、短期大学部(建築・生活デザイン学科、ものづくり・サイエンス総合学科)「A個別方式」でも、同一試験日に複数の学科を併願した場合は21年度と同様、2学科目からの入学検定料を1万5千円(1学科目は3万5千円)とし、受験生の負担を軽減する。