2021年度入学式 2年ぶり武道館開催 新型コロナ感染対策し実施

総合

2021.4.20 17:16

2021年度入学式が4月8日に東京・九段の日本武道館で行われた。青空が広がり、緑に輝く若葉の下をくぐった1万7926人の新入生が桜門の仲間に加わった。
式は、新型コロナウイルス感染拡大防止を目的とした政府と 東京都の「イベント開催基準」に対応し、収容人数を制限。全席指定で学生のみの入場とし、事前の出席登録を必須とした。さらに、参加者には「日本大学健康観察システム」で同月1日から式典前日までの健康状態の継続入力を求め、体調不良項目に該当していないことを確認した。
昨年度の入学式は緊急事態宣言発令のため中止となり、2年ぶりの開催となった。
加藤直人学長は告辞で「将来立派に社会で活躍できる人材になるように、本学で大いに学んでほしい」と述べ、田中英壽理事長は「決して悔いのないすばらしい学生生活を過ごしてください」と語り掛けた。
式は3回に分けて実施。第1部は医学部医学科の西野初佳(いちか)さん、第2部は松戸歯学部歯学科の佐藤歌菜さん、第3部は商学部商業学科の原田斗雅(とうが)さんが新入生を代表して宣誓した。
第1部は文理、経済、芸術、医、薬の5学部、通信教育部、大学院7研究科、第2部は法、国際関係、危機管理、スポーツ科、歯、松戸歯、生物資源科の7学部、短期大学部2学科、同部専攻科、大学院8研究科、第3部は商、理工、生産工、工の4学部、短期大学部2学科、大学院4研究科の学生が出席した。
今年度の新入生は学部・通信教育部が1万6238人、大学院研究科1292人、短期大学部387人、同部専攻科9人の計1万7926人だった。

新入生の声
建築について学び、想像力を高めて独創性のあるデザインができるようになりたいです。
宮地 航大さん(理工・建築)
卒業後に起業するための勉強を頑張っていきたいです。
与那覇 陵信さん(生産工・マネジメント工)

1席ずつ空けて実施された今年度の入学式