国家試験 獣医合格率私大1位 看護、歯科衛生で全員合格

総合

2021.4.20 17:11

ことしの各種国家試験合格者数が発表された。(いずれも既卒者を除く)
【獣医師】3月15日の農林水産省の発表によると、生物資源科学部から115人が受験し109人が合格。合格率は94・8%(前年比2・7㌽減)。私大で2年連続1位だった。
【医師】3月16日の厚生労働省の発表によると、医学部から140人が受験し123人が合格。合格率は87・9%(同11・2㌽減)。
【歯科医師】3月16日同省の発表では歯学部から91人が受験し49人が合格。合格率は53・8%(同17・9㌽減)。松戸歯学部からは88人が受験し72人が合格。合格率は81・8%(同1・3㌽増)。
【看護師】3月26日の同省の発表によると、医学部付属看護専門学校から82人が受験し全員が合格。合格率は100%(同1・2㌽増)。
【歯科技工士】3月26日の同省の発表によると、歯学部付属歯科技工専門学校から10人が受験し8人が合格。合格率は80%(同5・7㌽減)。
【歯科衛生士】3月26日同省の発表によると、歯学部付属歯科衛生専門学校から35人が受験し全員が合格(同増減なし)。松戸歯学部付属歯科衛生専門学校からは36人が受験し34人が合格。合格率は94・4%(同3・5㌽減)。
【薬剤師】3月24日の同省の発表によると、薬学部から196人が受験し173人が合格。合格率は88・3%(同1・6㌽増)。