メニューの開閉

総合

2019年度卒業者 三軒茶屋から初の卒業生 約1万7千人巣立つ

2019年度の卒業生は大学院、学部、通信教育部、短期大学部の計1万6981人となった。
今年は日本武道館が東京五輪開催に向けた改修工事で使えないため、当初、卒業式は学部ごとに実施することを予定していた。しかし、新型コロナウイルスの感染が拡大する事態に対応して、全学部の卒業式を中止とし、学部ごとに、いくつかの小会場で学位記の伝達だけを行うこととなった。
16年度に三軒茶屋で開設された危機管理学部とスポーツ科学部からは初の卒業生630人が巣立つ。
看護など本学の付属専門学校の卒業式は、3月上旬に簡素に行われた。

合わせて読みたい

総合

交付額は約59億円 18年度私学補助金

 2018年度の私立大学等経常費補助金(短大を含む)の交付額が、1月22日に日本私立学校振興・共済事業団から発表された。

総合

生産工 新たに2学科設置 既存7学科はコース再編

 生産工学部は2009年度から環境安全工学科と創生デザイン学科を開設する。入学定員はいずれも120人。入試で国語や日本史、世界史を選択できるようにし、文系の生徒も受験しやすくした。

総合

2007NU祭開幕 本学学生の姿社会に示せ

 全学行事「2007NU祭」の総合開会式が体育大会の開会式とともに5月16日、日本大学会館で行われた。小嶋勝衛総長・理事長は、あいさつで「学部が違ったとしても日本大学の学生として、皆で協力し取り組んでほしい」と述べた。 […]

総合

付属看護専門学校 戴帽式に88人出席 片山医学部長らが学生を激励

 医学部付属看護専門学校の2年生が初めてナースキャップの着用を許可される戴帽式が4月25日、同学部記念講堂で行われた。2年生88人のほか父母、教職員らが出席した。看護に必要な1年間の基礎教育を終えた88人は今後、付属病院 […]