メニューの開閉

学部・大学院

法  国際交流目的に

  • 法学部

駐日大使が講演

 法学部国際交流委員会が10月6日、同学部本館大講堂にアイルランドのデミアン・コール駐日大使を招き、4年ぶりに特別講演を開催。同学部生など236人が来場し、英語を交えた質疑応答が行われた。
 同講演は学生に国際交流の機会を設けることを目的に始まった。同学部はアイルランドのダブリンシティ大学と学術交流協定を締結しており、短期語学研修などの交流を行っている。今回はコロナ禍後初の開催として同国大使を招致した。

 講演の冒頭に同国の人口、言語などを説明。質疑応答では、同国のお薦めの食べ物や、学校教育などについて学生から英語と日本語で質問があった。
 また、11月22日にはチェコのマルチン・クルチャル駐日大使による講演が行われた。