メニューの開閉

学部・大学院

芸術  学生主体の映画祭  

  • 芸術

「領土と戦争」14作品を上映

芸術学部映画学科の学生が企画・運営した映画祭「領土と戦争〝この土地は、誰のもの?〟」が12月2日から8日まで東京都渋谷区のユーロスペースで開かれた。

ことし2月から、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が始まり「中国や韓国との領土問題を抱える日本も対岸の火事ではない」との思いからテーマを決めたという。

上映したのはチャン・フン監督の「高地戦」(韓国、2011年)や今井正監督の「ひめゆりの塔」(日本、1953年)など「戦争・侵略」という視点で領土問題を捉えた国内外の14作品。上映後に監督や出演した俳優、同学科の教授がトークイベントを行う作品もあり、観客に今日の領土問題について考えることを促した。

この映画祭は「映画ビジネスⅣ」の授業の一環として行われており、ことしで12回目。作品選びから上映交渉やPR活動、運営まで同学科映像表現・理論コースの学生14人が取り仕切った。学生らは、1カ月半で10~30本もの映画を鑑賞して、上映する作品を決定。その中には韓国映像資料院から、今回の映画祭のために借り受けたイ・ビョンイル監督の「半島の春」(韓国、41年)といった貴重な作品も含まれている。

学生代表の三好恵瑠さん(映画3)は「映画を通して過去を知ることで今の領土問題に目を向けてほしい」と呼びかけた。

合わせて読みたい

学部・大学院

水上スキー新人戦 トリックなどで1位に輝く 九原が新人女王に

 水上スキー部(阿部千瑛主将=商・商業2)の九原英理佳(文理・英文2)は10月12日から14日まで茨城県のMGマリーン鹿島水上スキーセンターで開催された全日本学生選手権新人戦で、新人女王に輝いた。

学部・大学院

グライダー 関東学生 3年ぶりに関東制す A、B両チーム全日本出場

 グライダーの関東学生競技会が昨年12月21日から27日まで埼玉県熊谷市の妻沼(めぬま)滑空場で行われ、本学グライダー部(園田祥太主将=理工・航空宇宙工3)のAチームが3年ぶりの優勝を果たした。

学部・大学院

生物資源科 川手さんが奨励賞受賞 健診受診者の約3割が発症 非アル脂肪肝を解明

日本では健康診断の受診者の約3割が発症するとされる非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の発症メカニズムの解明に結びつく動物実験の研究で、本学大学院生物資源科学研究科の川手啓吾さん(応用生命科学専攻博士前期課程2年)が […]

学部・大学院

リブラン創作童話 優秀賞に杉山さん 画家とひつじ雲の友情描く

 中堅不動産会社リブランが主催する第20回リブラン創作童話の最終選考が4月10日に行われ、杉山まゆ奈さん(芸術学研究科博士前期課程2)の「おおい、ひつじ」が優秀賞に選ばれた。応募総数は431点。表彰式は7月12日、東京都 […]