メニューの開閉

学部・大学院

理工  劇場アニメ試写会

  • 理工

芸術学部卒の黒川監督登壇

劇場版アニメ「ぼくらのよあけ」の試写会が10月18日に理工学部の船橋キャンパスで行われ、同学部の学生約300人が参加した。約2時間の上映後に監督の黒川智之さん(44歳、2001年芸術学部卒)が登壇し、青木義男理工学部長、阿部新助准教授(宇宙科学)と約30分のトークセッションを行った。

映画の原作は講談社の月刊誌「アフタヌーン」に11年に掲載された今井哲也さんによるSF漫画。49年の東京・阿佐ケ谷を舞台に子どもたちやロボット、地球外生命体の出会いと友情が描かれる。

トークセッションで青木学部長は「AI(人工知能)の研究を続ける意義を感じた」と話し、黒川監督は「子どもとロボットの友情を描いた作品はよくあるが、そこに地球外生命体を加えた作品を子どもたちに伝えたかった」と本作にかける思いを語った。Q&Aのコーナーでは、学生から地球外生命体の造形に関心が集まった。
試写会終了後、サプライズで花束を贈呈された黒川監督は「ぜひ2度、3度劇場に足を運んでもらいたい」と笑顔で学生に呼びかけた。

合わせて読みたい

学部・大学院

生産工 公開講座 保険制度を解説 黒﨑課長が講義

 生産工学部の公開講座が10月24日に行われ、黒﨑昇次・実籾校舎事務課長が「知らなきゃ損する―健康保険制度を理解して賢く病院を受診しよう」と題して講義した。

学部・大学院

イラク戦争から2年 それぞれが思いを語る 

 日大経済人カレッジ(会長=神谷光徳冨士工特別顧問)の講演会が5月26日、日本大学会館で開かれ、防衛庁陸上幕僚監部の番匠幸一郎広報室長(一等陸佐)が「『戦地イラクの知られざる現状』―今語られる真実・日本の立場―」をテーマ […]

学部・大学院

芸術 田中さんに舟橋聖一賞 「年の差恋」の葛藤描き切る 

 大学院芸術学研究科で学ぶ田中里咲さん(23歳)が、小説「海と舟」で第27回舟橋聖一顕彰青年文学賞の最優秀賞を受賞した。

学部・大学院

文理 ダブルダッチ バイブスが関東地区予選通過 2年ぶり全国大会へ

 文理学部のダブルダッチサークルD・S・P所属のチーム「Vibez!!(バイブス)」が、9月1日に東京都世田谷区で行われたダブルダッチデライトイースト(日本学生ダブルダッチ連盟主催)で5位に入賞した。