メニューの開閉

学部・大学院

薬 ミカンの薬効を語る

  • 薬学部

横浜薬科大榊原教授が講演

薬学部は10月30日、同学部キャンパスで第34回薬草教室を開催した。横浜薬科大学の榊原巌教授による「みかんの秘めたるパワー」の講演会には、近隣住民や同学部生ら85人が参加した。

榊原教授は、神奈川県が開発したかんきつ「湘南ゴールド」の優れた効能について約1時間半にわたり語った。フラボノイド成分(ナリルチン、ヘスペリジン、ノビレチン)を多く含む湘南ゴールドは、健康面で効果的な品種だという。

特にナリルチンは、花粉症などのアレルギー性鼻炎を抑える効果があり、ヘスペリジンは糖尿病性白内障の進行を抑える効果や最新のデータで新型コロナウイルスの侵入を防ぐ効果もある。また、ノビレチンは、抗がん剤の副作用やアルツハイマー病の進行を抑える働きがあるという。

参加者は高齢者が多く、教授のジョークに笑いが起こるなど、終始なごやかな雰囲気であった。

薬学部の卒業生、林睦拓さんは「医療関係の職に就いているので、講演での知識を今後は発信側として役立てたい。とても興味深い内容だった」と笑顔で話した。

合わせて読みたい

学部・大学院

理工 長嶺さんダブル受賞 品質工学分野の地平広げる

 「2007年度自動車技術会関東支部学術研究講演会」が3月7日、工学院大学新宿キャンパスで行われ、理工学部の長嶺拓也さん(理工学研究科博士前期課程1)の研究である「品質工学的アプローチによる車両運動制御系設計」がベストペ […]

学部・大学院

芸術 銀座デザインコンペ 八重樫さん3部門で受賞

 銀座アート・エクステンション・スクールが主催する「第5回銀座スペースデザイン・学生コンペティション」の最終審査会が3月24日に行われ、芸術学部デザイン学科の学生の3作品が銀座賞と企業賞を受賞した。

学部・大学院

都内で音楽系6サークルが 定期演奏会を開催

 管弦楽団(三浦勇団長=理工・建築4)は6月20日、東京都中野区のなかのZERО大ホールで第75回定期演奏会を開催、スメタナの「モルダウ」など計3曲を披露した。アンコールではドボルザークの「スラブ舞曲」を演奏した。

学部・大学院

理工 共同研究が電気学術振興賞 大貫准教授、中川教授、塚本准教授の三名が電気学会で

 理工学部電気工学科の大貫進一郎准教授(電磁界理論)と電子工学科の中川活二教授(電子デバイス・材料)、塚本新准教授(光磁気物性)の3人による、磁気記録の高速化と高密度化を目指した共同研究がこのほど、社団法人電気学会の電気 […]