メニューの開閉

学部・大学院

特別研究 医工連携の今後の展開示す

  • シンポジウム
  • 特別研究

教授らが熱い議論

本学未来医療ロボティクス研究会主催の「日本大学特別研究キックオフシンポジウム」が9月24日、東京・市ケ谷の日大会館で行われた。本学関係者など81人が参加した。

本シンポジウムは国際的水準の研究活動の展開を目的とする特別研究の助成を受けた研究を対象に、医療用ロボット開発やAIの利用など医工連携プロジェクトの成果や今後の展開が示された。

パネルディスカッションでは「2030年の医療を語る」をテーマに理工学部の内木場文男教授(マイクロマシニング)、青木義男教授(安全設計工学)、医学部の後藤田卓志教授(消化器内科)と山下裕玄教授(消化器外科)、文理学部の大沢正彦助教(人工知能)が登壇。医療のAI化のほか、リベラルアーツの必要性についてなど熱い議論が行われた。

合わせて読みたい

学部・大学院

工 劣化しにくいコンクリート 橋の高耐久化に貢献

 工学部土木工学科のコンクリート工学研究室(岩城一郎教授・子田康弘准教授)が進めてきた高耐久コンクリート橋の研究に関して、このほど土木学会の技術賞と論文賞が同時に授与された。

学部・大学院

理工 SPROUT来夏打ち上げ SEEDS2以来の日大衛星 複合膜面展開が任務

 理工学部の宮崎康行教授(航空宇宙工学)の研究室が開発を進めている小型人工衛星「SPROUT」が、早ければ来年6月にも打ち上げられることが決まった。

学部・大学院

落研 創立50周年を祝う OBら約100人が出席

 経商法落語研究会(佐脇諒一会長=法・法律2)は11月14日、東京都港区のホテルはあといん乃木坂で創立50周年記念パーティーを開催した。現役生やОBら約100人が出席した。

学部・大学院

文理学部の男女が同時受賞 西脇さんはグランプリ

全国の大学・短大のミスキャンパス、ミスターキャンパスの中から日本一を決める催しの最終結果が3月26日に発表され、昨年本学文理学部の桜麗祭でミスに輝いた英文学科3年生の西脇萌さんがグランプリ、同祭でミスターに選ばれた体育学 […]