メニューの開閉

学部・大学院

文理 君塚さんが最高位受賞

  • ピックアップ
  • 文理学部

『中務集』臨書作品 書教展学生部門での快挙

公益社団法人全日本書道教育協会が主催する「書教展」が9月19日から26日まで東京・上野の東京都美術館で行われ、学生部門72点の中から君塚早(さき)さん(文理・国文3)の作品が最高位の文部科学大臣賞に選ばれた。

「臨 中務(なかつかさ)集」と題した君塚さんの作品は、西行が書いたとされる『中務集』の写本から和歌を選び、臨書(手本を見ながら書き写す方法)したもの。半切寸法(縦136×横34.5㌢㍍)の半紙の左右両端に和歌が長々と流れ、半紙の真ん中には『中務集』の見開き部分の和歌が8枚の小さな紙片(縦13×横13.5㌢㍍)に書かれている。

作品はすべて小筆でつづられた流麗な「つづけ字」で埋めつくされている。つづけ字とは、平安時代から続くかな文字のつづり。小学4年生から書道を始め、高校3年生のころにかな文字を習い始めた君塚さんは「まだ始めて間もないのにすばらしい賞をいただけてうれしい」と受賞の喜びを語った。

縦長の作品のため、文字の大小バランスの調整や真っすぐに書くのが難しい。清書中は一瞬たりとも気が抜けない。小さな紙1枚に清書するのにも30分程度かかるため、一日に多くて4~5枚ほどしか書けない。そのため、作品の完成には約1カ月を費やした。

君塚さんにとっては、同賞を来年も受賞することが最大目標。加えて、「高大展」や「読売書法展」でも上位の賞を狙えるように練習に励んでいく意向だ。

今回の書教展の結果詳細は「書教本」12月号に掲載される予定。

合わせて読みたい

学部・大学院

生産工 久保田教授ら合金開発 骨の成分とチタンを混合

 生産工学部の久保田正広教授(機械材料)らはこのほど、人の骨の主成分であるハイドロキシアパタイト(HAp)とチタンの合金を開発した。高硬度で人体になじみやすく、人工関節などへの応用が見込める。

学部・大学院

「地域連携」を報告 10私大産学フォーラム参加

 第5回関東・関西10私大産学連携フォーラムが11月28日、東京都新宿区の早稲田大学西早稲田キャンパスで開催され、本学は工学部などによる地域連携の取り組みを報告した。同フォーラムは産学連携による経済の活性化や産業の競争力 […]

学部・大学院

学生FDチャミット 「理想の授業」探る 文理など学部活動も紹介

 「日本大学 学生FD CHAmmiT(チャミット)2016」が昨年12月18日に法学部10号館で開催された。

学部・大学院

法 放送研 春の「番組発表会」 約300人が会場埋める

 法学部放送研究会(柴田佳代子委員長=経営法3)は5月4日、東京国立オリンピック記念青少年総合センターで春の番組発表会を開いた。本学OBのほか、他大学の放送研究サークルの学生ら約300人が訪れ、会場は満員となった。