メニューの開閉

学部・大学院

危機管理・スポーツ科  23年度に大学院が開講 初の入学試験は11月

危機管理学研究科、スポーツ科学研究科の2研究科は2023年度からそれぞれ大学院修士課程を設置する。第一回目となる入学試験(学内選考)が11月19日、本学三軒茶屋キャンパスで行われる。

危機管理学研究科は、法学をベースとした危機管理学の学識を災害、テロといった現代のさまざまな危機に適用。それらを的確に対処できる人材の育成を目的としている。同研究科には、社会課題を学術的に探究し、危機管理を普及させる「指導的人材」を目指す研究コースと、危機管理の実践的知識を有する「高度専門職業人」を目指す実務コースが設けられる。

スポーツ科学研究科では、自然科学・医科学と社会科学・コーチング学の2領域に分け、基本科目、専門科目、研究指導の3区分の授業科目で体系的な教育を展開していく。同研究科が設置される本学三軒茶屋キャンパスには、流水プールや、反射マーカーを取り付けた人を撮影し動作を計測・解析できる三次元動作分析室など研究に有用な環境設備が整っている。
いずれの研究科も、収容定員は16人。合格発表は12月1日。なお、一般選抜は来年2月18日に実施される。

合わせて読みたい

学部・大学院

社長と交流会 自ら経験語る

 学生部就職課は昨年12月17日、桜門社長会と校友会本部の後援で本学出身の現役社長と学生が交流する「社長と語る」を日本大学会館で開催した。

学部・大学院

医 アレルギーの原因物質を特定 新治療薬開発に光明

医学部付属板橋病院アレルギーセンターの岡山吉道センター長を中心とした研究グループがこのほど、アレルギー特有のかゆみや炎症を悪化させたり、長引かせたりする原因物質を特定、そのメカニズムを解明した。 同研究グループは、アレル […]

学部・大学院

ライフサイエンスワールド 槇島教授ら3人が出展 バイオ研究の成果を発表       

 ライフサイエンス分野の研究者と企業のマッチングイベント「ライフサイエンスワールド」が5月11日から13日まで東京都江東区の東京ビッグサイトで開催された。

学部・大学院

稲葉講師の小説「半島」が谷崎賞 志摩半島での生活記

 作家で芸術学部の稲葉真弓講師(61)の小説「半島」(2011年講談社刊)がこのほど谷崎潤一郎賞を受賞した。授賞式は10月13日、東京・丸の内の東京会舘で中央公論文芸賞の授賞式と併せて行われた。