メニューの開閉

学部・大学院

生物資源科  佐々木さん優秀発表賞

  • 生物資源科学部

新種トウガラシの仕組解明

園芸学会の秋季大会が9月7日から13日に行われ、本学園芸科学研究室の佐々木崚我さん(大学院生物資源科学研究科生物資源生産科学専攻博士前期課程2)がポスター発表部門の優秀発表賞に選ばれた。

発表では、生物資源科学部発の新種トウガラシ「しげまるレッド」のヘタが簡単に取れる仕組みを明らかにした。「しげまるレッド」は、トウガラシ加工で長年ネックだったヘタの取り外しを大幅に改善し、省力化に貢献する品種。近年問題だった国産トウガラシの生産を救う切り札として期待されている。今回の研究は佐々木さんら2学年の院生が取り組み、一つの遺伝子の変異がヘタの取れやすさを決定していることを突き止めた。

受賞した佐々木さんは「1データをとったに過ぎないが、関わってくれた人に感謝したい」と語った。また、研究室の立石亮指導教授(園芸学)は、研究成果から「『しげまるレッド』は日大で作ったこれまでにない品種で、農業従事者が減少する中、実用面で注目を浴びている。そこに学術面からも社会に貢献できるのはうれしく思う。普及や大規模栽培に向けて共同研究を進める予定」と今後の展開を明かした。

合わせて読みたい

学部・大学院

芸術 学生企画の映画祭 「女性」題材の13作を上映

 芸術学部映画学科の学生で企画・運営した映画祭「新・女性映画祭“こんなふうに私も生きたい”」が昨年12月中旬に東京都渋谷区で開かれ、7日間で延べ1100人を超える観客を動員した。

学部・大学院

理工 共同研究が電気学術振興賞 大貫准教授、中川教授、塚本准教授の三名が電気学会で

 理工学部電気工学科の大貫進一郎准教授(電磁界理論)と電子工学科の中川活二教授(電子デバイス・材料)、塚本新准教授(光磁気物性)の3人による、磁気記録の高速化と高密度化を目指した共同研究がこのほど、社団法人電気学会の電気 […]

学部・大学院

キックボクシング 全日本学生 越川がライト級制覇 前年王者の兄に続く栄冠 吉田はフェザー級で準V

 キックボクシングの全日本学生選手権が11月24日、東京都文京区後楽園ホールで行われ、キックボクシング部主将の越川虎士(こしかわ・こうじ=生産工・応用分子化4)がライト級で優勝。フェザー級の吉田和也(文理・英文4)が準優 […]

学部・大学院

リズム・S 4年生最後の公演 感動のフィナーレ迎える

 リズム・ソサエティ・オーケストラ(前田敏宏バンドマスター=文理・情報システム解析4)が3月7日、東京都港区の新橋ヤクルトホールで第49回リサイタルを開催。