メニューの開閉

学部・大学院

生産工  豊谷ゼミが地域貢献

  • 学生社会
  • 生産工学部

習志野市から感謝状贈呈

生産工学部の豊谷純教授(経営工学)によるゼミは、千葉県習志野市から地域活性化企画「食べて応援しよう!大久保・実籾ラーメンスタンプラリー2022」でのホームページ制作やSNS運用などの協力に対して10月9日、感謝状が贈呈された。

贈呈式は同市の第29回市民まつり「習志野きらっと2022」にて行われ、豊谷教授、ゼミナール生の石田大峻さん(マネジメント工学3)と浅沼太郎さん(同3)が登壇し、感謝状と記念品を受け取った。

石田さんは「各店舗の要望に応えられるような投稿を考えるのは難しかったが、要望に沿うものを作れたときは大きな達成感を得られた」と話した。

合わせて読みたい

学部・大学院

文理 落語研究会 「らくごまつり」に参加 漫才のラインズに「色物賞」

 落語芸術協会主催のファン感謝祭「芸協らくごまつり」が10月18日に東京都新宿区の芸能花伝舎で開催され「大学対抗落研トライアスロン」というイベントに文理学部落語研究会(今村義一会長=地理3)のメンバー2人が参加した。

学部・大学院

2022年度一般選抜  志願者数、私大では7位に  2年連続の9万人台

2022年度の本学一般選抜志願者数(学部・短期大学部)は、9万4268人(3月9日確定)で、2年連続の9万人台となった。前年度から4369人減だった。 学部別では6学部(法、危機管理、スポーツ科、歯、松戸歯、生物資源科) […]

学部・大学院

文理・資料館で化石展 クビナガリュウを展示 全身骨格は関東初公開

 文理学部は11月19日から、同学部資料館展示室で「クビナガリュウとアンモナイトの化石展―白亜の大地に広がる北海道中川町から―」を開催している。

学部・大学院

理工、工 夢・化学21を催す 実験で化学の楽しさ教える

 中、高生らに化学の実験の楽しさを教える特別講座「夢・化学21」がこのほど、理工学部と工学部で開催された。いずれも産学4団体で構成する夢・化学21委員会との共催。