文理・歯 新施設続々と完成  2学部ともに4月運用開始

学部・大学院

2022.4.20 15:33

文理学部は3月18日に「サクラスポーツ&ジムナスティックスセンター」の竣工式を行い、4月から一般使用を開始した。
第2体育館の老朽化に伴い、2020年7月に着工した。延べ床面積は2720.06平方㍍。
1階に多目的ルーム、ダンスルーム、演習室を設置。可動式ウォールにより多目的な用途で利用できる。2階の体操場には開放的な空間にあん馬や鉄棒、平均台などの設備を配置した。
一方、歯学部本館は、講義室・図書館などの「教育エリア」、共同研究活性化を図る共用ラボを備えた「研究エリア」、診療を含む臨床教育を行う「診療エリア」を融合した地上7階地下2階の鉄骨造で、延べ床面積は2万6179.43平方㍍。
学部創設100周年記念事業の一環として建設され、18年10月に付属歯科病院が開院、教育・研究エリアが昨年10月に竣工、ことし4月から運用を開始した。なお、コロナ禍により式典等は自粛、運用前に安全を祈願する修祓(しゅうばつ)式のみ挙行した。