メニューの開閉

学部・大学院

松戸歯 我孫子市で山口教授ら8人 ワクチン接種に協力

コロナ禍で各自治体の独自ワクチン接種が進む中、松戸歯学部の歯科医師免許を持つ教員が千葉県我孫子市の要請に基づきワクチン接種を実施した。
接種に出向いたのは歯科麻酔学講座の山口秀紀教授ら8人。5月に日本歯科医師会の筋肉注射に関するオンライン研修を受け、6月13日、7月4日、11日、8月1日に同市アビイホールで、6月27日、7月18日には同市保健センターで接種に当たった。接種日には3人が会場に出向き、アビイホールでは1日約300人、保健センターでは同約200人に接種した。
さらに、6月中旬から7月中旬にかけて歯科医師免許を持つ学部教員、同窓会会員、希望する学外の歯科医師らを対象に、山口教授らが接種実技研修を行い、計68人が参加した。

合わせて読みたい

学部・大学院

理工、生産工 栃木教授ら優秀講演賞 インド化学工学会議で報告

 理工学部の栃木勝己教授(化学工学)と生産工学部の辻智也教授(同)は昨年12月、インド化学工学会の年次総会(インド化学工学会議)で、優秀講演賞を受賞した。同会議には欧米を含む世界各地から研究者が集まった。

学部・大学院

理工グライダー部 関東3位に沈む 団体連覇は2でストップ

 理工学部グライダー部(稲田賢主将=航空宇宙工4)は昨年12月17日から23日まで、埼玉県熊谷市の妻沼(めぬま)滑空場で行われた第22回関東学生競技会で3位に終わり、団体3連覇はならなかった。優勝は早稲田大。

学部・大学院

生産工 船橋市と協定締結  三番瀬の保全で協力を強化

生産工学部はこのほど千葉県船橋市と「環境に関する連携協定」を結んだ。9月1日に同市役所で締結式が行われ、清水正一学部長と松戸徹市長が協定書に署名した。 同学部はこれまでも、東京湾に残された数少ない干潟の一つである三番瀬( […]

学部・大学院

危機管理 時事問題討論会  ウクライナ戦争について議論

危機管理学部は6月16日、三軒茶屋キャンパスで「ウクライナ戦争について」と題する討論会を行った。 同学部の教員が時事問題について討論し、その様子を動画で公開。オープンキャンパスに来てもらうなど、高校生に関心を高めてもらう […]