メニューの開閉

学部・大学院

松戸歯学部長 小方教授が就任 学会の理事長に

松戸歯学部の小方賴昌学部長(歯周治療学)が4月1日付で日本歯周病学会の理事長に就任した。1957年設立の同学会は、歯学関連学会の中で2番目に会員数が多く約1万2000人が在籍している。
就任にあたって小方学部長は、歯周病の予防と治療法の更なる周知や高齢化社会に対応した歯周病治療の指針作成などを目標として掲げた。

合わせて読みたい

学部・大学院

理工 江戸期の東海道街並み再現 伊豆原教授ら特別展

理工学部の伊豆原月絵教授と学芸員課程で学ぶ学生有志が協力して準備した特別展示「東海道と旅」が、東京スカイツリータウン・ソラマチの郵政博物館で開催されている。 同展では、江戸時代に活躍した浮世絵師歌川広重(初代)が描いた「 […]

学部・大学院

バイオジャパン・再生医療ジャパン 日台准教授ら3人が講演研究成果企業に示す 

 研究者と企業のマッチングイベント「BioJapan 2016」と「再生医療JAPAN  2016」が10月12日から14日まで横浜市のパシフィコ横浜で同時開催された。

学部・大学院

将棋学生十傑戦 女流名人戦の小野は7位

 学生将棋タイトルの一つ学生十傑戦(男子・学生王将戦、女子・学生女流名人戦)が昨年12月23、24日に三重県四日市市の三重北勢地域地場産業振興センターで行われ、王将のタイトルに挑戦した相良剛史(商・会計4)は6位に終わっ […]

学部・大学院

医 遺伝子診療学会 理事長に中山教授

医学部の中山智祥教授(臨床検査医学)が4月1日付で日本遺伝子診療学会の理事長に就任した。 同学会は遺伝子関連技術の臨床応用および遺伝子診療の推進と発展などを目的として1994年に設立された。 95年に入会した中山教授は学 […]