メニューの開閉

学部・大学院

医 アレルギーの原因物質を特定 新治療薬開発に光明

医学部付属板橋病院アレルギーセンターの岡山吉道センター長を中心とした研究グループがこのほど、アレルギー特有のかゆみや炎症を悪化させたり、長引かせたりする原因物質を特定、そのメカニズムを解明した。
同研究グループは、アレルギー疾患で炎症の惹起や症状の悪化に関わる免疫細胞の一種「マスト細胞」の働きに着目した。ヒトの皮膚や気道などに存在するマスト細胞は、表面にスギ花粉などのアレルゲンが結合すると「細胞外小胞」という微小物質を遊離させる。
研究グループがこの細胞外小胞に内包される核酸の一種であるマイクロRNAを網羅的に調べたところ、「miRNA―103a―3p」が特異的に遊離し、皮膚や肺などに存在する免疫細胞「2型自然リンパ球」の活性化を増強して「IL―5」というタンパク質の産生を増加させていることを突き止めた。IL―5はアトピー性皮膚炎や喘息などのアレルギー症状の重症化を引き起こす物質として知られる。
研究グループはこの結果から、細胞外小胞中のmiRNA―103a―3pの働きを阻害する方法を開発できれば、新たな治療薬の開発が期待できるとしている。
国立成育医療センター、順天堂大との共同研究による成果で、本学医学部からは岡山センター長のほか豊島翔太ポスト・ドクトラル・フェロー(アレルギーセンター)、權寧博教授(呼吸器内科学)、葉山惟大助教(皮膚科学)が参加。研究論文はことし1月に米国のアレルギー学会誌の電子版に掲載された。

合わせて読みたい

学部・大学院

鳥人間コンテスト 距離部門期待にそむく3位 3年ぶり出場、練習不足響く

 日本テレビ系列の民放局が主催する「鳥人間コンテスト」が7月24、25の両日に滋賀県彦根市の琵琶湖東岸で開催され、人力プロペラ機ディスタンス部門に3年ぶりに出場した理工学部航空研究会(内藤友貴キャプテン=航空宇宙工3)は […]

学部・大学院

サイエンスアゴラ 理工・青木研究室など参加 科学の祭典にぎわう

 科学の楽しさを広める「サイエンスアゴラ2013」(科学技術振興機構主催)が11月9、10の両日に東京都江東区の日本科学未来館などで開催された。

学部・大学院

理工 駿博会30周年記念講演 鍵屋当主、天野さんが来校 「七つの信条」伝授

 理工学部の「駿博会」の創立30周年を記念する講演会が11月1日に同学部駿河台校舎1号館で開催され、江戸時代から続く老舗花火屋の女性当主、天野安喜子さん(43歳、2009年大学院芸術学研究科芸術専攻博士後期課程修了)が学 […]

学部・大学院

理工 学術講演会を開催 50周年記念し式典行う

 理工学部が毎年開催している学術講演会が、今年で50周年を迎えた。11月25日に同学部駿河台校舎で開かれた講演会の終了後、1号館の154教室で記念式典が行われた。