メニューの開閉

学部・大学院

グッドデザイン賞 工・浦部教授ら受賞 福島・葛尾村の復興に貢献

本学工学部の浦部智義教授(建築計画学)と同学部建築計画研究室が計画・設計・運営に携わった福島県葛尾村復興交流館「あぜりあ」がこのほど、2020年度グッドデザイン賞に選ばれた。
「あぜりあ」は、11年の原発事故により全村避難を余儀なくされた葛尾村で避難解除後に帰村や一時帰宅した人々と、村を訪れる人が交流する場としてつくられた施設。かつて村の主産業であったアカマツの積み出しが行われていた森林鉄道の起点の場所に建設された。敷地内にあった小さな蔵は村民と協働して修繕、整備し「ロハス蔵」としてよみがえらせた。建築は、葛尾川の蛇行に合わせて配置し、川とのつながりを感じられる空間とした。
建築構法は、研究室で開発に取り組む「縦ログ構法」を採用。地域材を最大限に活用するのが特徴だ。建物の棟木や家具の一部などには、震災後に解体された村を象徴する民家である「百石の家」のアカマツの梁材などを使用。さらに、開館後も必要に応じてさまざまな機能を付け加えられるよう余白も設けた構成になっている。
18年に開館して以来、来館者は3万人を超えた。
浦部教授は「今後も葛尾村でのハード・ソフトを通じた、まちづくりを継続し、復興に貢献していきたい」と話している。

 

グッドデザイン賞に選ばれた「あぜりあ」の全景(左)と屋内

 

合わせて読みたい

学部・大学院

理工、付属の6講座 中高大連携で科学を学ぶ

 独立法人科学技術振興機構が進めるサイエンス・パートナーシップ・プロジェクト(SPP)に理工学部、日大一高など5校が提案した6講座が選ばれた。応募総数は1055件で、545件が採択された。中学、高校、大学が連携を図り、科 […]

学部・大学院

アジアパラ競技大会 本学勢3人が優勝 天摩が2種目で日本記録

 昨年12月12日から19日まで中国の広州で開催されたアジアパラリンピック競技大会で、陸上の全盲選手のクラスに出場した天摩由貴(文理・数2)が女子200メートルで金メダルを獲得した。天摩は同100メートルで4位。天摩の1 […]

学部・大学院

水上スキー新人戦 岡が新人女王に輝く 女子団体総合3年ぶりV

 水上スキーの全日本学生新人戦が10月17日から19日まで茨城県神栖市のMGマリーン鹿島水上スキーセンターで行われ、岡綾子(生産工・建築工2)が新人女王に輝いた。

学部・大学院

-法- 放送研 春の番組発表会開催 パロディー作品で笑い誘う

 法学部放送研究会(森井和宏委員長=経営法3)は5月4日、東京都渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センターで春の番組発表会を開催。会場にはOBや他大学の放送サークルの学生約380人が来場した。