メニューの開閉

学部・大学院

薬 ソフトで投薬副作用予測 辻教授ら共同開発

薬学部薬剤師教育センターの辻泰弘教授(臨床薬物動態学・臨床薬理学)は、感染症治療時の抗菌薬の薬物濃度や効果、副作用を予測できる抗菌薬投与設計支援ソフトウエア「Pycsim(ピクシム)」を富山大医学部感染症学講座の山本善裕教授と共同開発した。
このソフトウエアは、パソコン画面の指示通りに患者の年齢や性別、体重、検査値などを打ち込み、投与日、投与時刻、投与量、点滴時間を入力すると、10秒ほどで予測された数値がグラフで表示されるという仕組みだ。
主に、抗生物質が効かないメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)感染症治療薬のリネゾリドのほか、日本で使用可能なバンコマイシン、テイコプラニン、アルベカシンの投与設計シミュレーションが可能となっている。
リネゾリドは優れた臨床効果を示し、有効性が期待されている抗MRSA薬だが、副作用として血小板減少症を起こすことがある。その副作用が治療の妨げにならないよう、「医療現場が望むものを作って、患者治療の役に立ってもらいたい」という願いを込めた。特許申請の予定はなく、病院から希望があれば無償で提供するという。
辻教授は「一人でも多くの患者がこのソフトウエアで良くなってほしい」と話した。

 

合わせて読みたい

学部・大学院

ライフセービング全日本学生プール 女子障害物リレー初V 鈴木、三井らが健闘

 ライフセービングの全日本学生プール競技選手権が2月11、12日に静岡県の古橋広之進記念浜松市総合水泳場で行われ、サーフライフセービングクラブ(桑原雄馬主将=文理・体育2)とライフセーバー研究会(安達勇人主将=同・史2) […]

学部・大学院

理工・大津教授ら3人 水理学討議論文最高賞を受賞

理工学部の大津岩夫教授(水理学)、安田陽一助教授(環境水理学)、高橋正行助手(水理学)の研究グループが「階段状水路における流れの特性について」というテーマで米国土木学会(以下ASCE)のJ・C・スティーブンス賞(ASCE […]

学部・大学院

理工 佐藤准教授が受賞 準動詞や節の通時的研究

 理工学部の佐藤勝准教授(英語史・歴史英語学)がこのほど、日本中世英語英文学会の「日本中世英語英文学会奨励賞」を受賞した。授賞式は11月28日、横浜市の慶応大学日吉校舎で行われた。

学部・大学院

稲葉講師の小説「半島」が谷崎賞 志摩半島での生活記

 作家で芸術学部の稲葉真弓講師(61)の小説「半島」(2011年講談社刊)がこのほど谷崎潤一郎賞を受賞した。授賞式は10月13日、東京・丸の内の東京会舘で中央公論文芸賞の授賞式と併せて行われた。