メニューの開閉

学部・大学院

文理 新卒ハローワークと連携へ 対人苦手の学生支援

文理学部はこのほど、厚生労働省東京労働局の出先機関「東京新卒応援ハローワーク」(東京・西新宿)と「就職支援協定」を結んだ。調印式は10月8日に同学部キャンパスで行われ、紅野謙介学部長と永野靖・新宿公共職業安定所長が協定書に署名した。
協定は大学2、3年生と卒業年度学生が対象。その中でも、コミュニケーション能力の不足や対人関係の構築が苦手だと感じていたり、医療機関から「発達障害」の診断を受けたりしたことがある学生に焦点を当てる。
同ハローワークでは普段、卒業年度学生と既卒3年以内の人に求人情報を提供するなどしているが、今回の協定では学生一人一人に合わせた支援計画の作成など、就活準備から就職後の定着までを一貫して支援する。
紅野学部長は「これを機に東京新卒応援ハローワークとより強固なパートナーシップを結び、多様な学生の支援と新しい社会の実現を目指したい」と話している。


協定書への署名を終えた紅野学部長(左)と永野・新宿公共職業安定所長

合わせて読みたい

学部・大学院

バスケット全国高校選抜 桜花学園の勢いに屈する 土浦日大2回戦敗退

バスケットボールの第38回全国高校選抜優勝大会が、昨年12月23日から29日まで東京都渋谷区の東京体育館で行われた。土浦日大高(茨城)の女子は2年連続7回目の出場を果たしたが、2回戦で敗退した。  

学部・大学院

-医- 医学最前線シンポ 心臓移植などについて解説

 医学部は6月10日、同学部臨床第1講堂で「医学最前線シンポジウム-重症末期心不全の治療」を開催した。このシンポジウムは毎年6年生を対象に行われ、今年で12回目。心臓が衰弱し、血液を全身へ十分に送り出せなくなる重症末期心 […]

学部・大学院

国際文化表現学会賞 佐藤教授ら3人が同時受賞

 国際関係学部の佐藤三武朗教授(日英比較文化・文学特別研究)、梅本順子教授(比較文化)、法学部の諸坂成利教授(比較文学)にこのほど国際文化表現学会賞が贈られた。

学部・大学院

文理 落語研究会 「チーム飛び蹴り」準優勝 大学生のお笑い大会

 日本一面白い学生お笑いサークルを決定する「NOROSHI2015presentedby大学芸会」でこのほど、文理学部落語研究会の「チーム飛び蹴り」が準優勝した。