メニューの開閉

学部・大学院

文 理 温暖化などめぐりシンポ 8人の教員が報告

 文理学部地球システム科学科主催のシンポジウムが7月3日、同学部百周年記念館国際会議場で開かれ、ヒートアイランド現象や東日本大震災の被害状況などについて同学部教授ら8人が報告、学生ら約200人が聴講した。
 シンポは2部構成で、第1部では同学部資料館で開催中の企画展「地球温暖化時代におけるヒートアイランド現象」に沿って、中山裕則教授(リモートセンシング)ら3人が講演した。中山教授は人工衛星がとらえた世界各地の地表温度分布などを検討した結果、電力消費量が多い地域ほど地表温度が高くなる傾向があることを明らかにした。
 第2部では千葉達朗講師ら5人が、被災直後の宮城県石巻市の広域で地盤沈下が起きたことなどを報告した。

合わせて読みたい

学部・大学院

ラクロス  関東リーグ5位入れ替え戦回る

 ラクロスの関東学生リーグ1部が10月12日に閉幕し女子ラクロス部(半沢優子主将=商・商業4)はAブロックで6チーム中5位に終わり、2部Bブロック2位との1・2部入れ替え戦へ回ることが決まった。

学部・大学院

理工 震災復興プロジェクト 7学科の研究ポスター展示

 理工学部が取り組む東日本大震災復興プロジェクトのポスター展示が4月26日から5月25日まで、千葉県習志野市内の百貨店で開催された。

学部・大学院

トライアスロン 日本学生スプリング 有薗が女子個人準V 団体は男女共に3位入賞       

 トライアスロンの日本学生スプリング選手権が5月17日に群馬県板倉町の渡良瀬遊水地で行われ、本学トライアスロンサークル、ウルトラ(越川進平主将=文理・体育3)所属の有薗早優(理工・建築2)が女子個人で準優勝した。

学部・大学院

水上スキー 全日本学生で女子団体4位 岡が2種目制す

 水上スキーの全日本学生選手権が9月3日から5日まで、秋田県の大潟村水上スキー場で行われ、岡綾子(生産工・建築工4)が3種目中スラロームとジャンプの2種目を制した。トリックは7位に終わった。女子団体は4位だった。優勝は福 […]