全国高校サッカー 佐野日大高が初の4強 優秀選手に2ゴールの長崎

付属校

2017.2.4 11:39

 全国高校サッカー選手権で、4年ぶり8度目出場の佐野日大高が初のベスト4に輝いた。


 FWの長崎達也(3)が大会優秀選手に選ばれた。
 昨年12月31日の和歌山北高との初戦は、前半6分に長崎がFKから直接ゴールを決めて1―0で勝利した。1月2日の2回戦は7年連続出場の強豪、米子北高(鳥取)を1―0で下し、3日の一条高(奈良)との3回戦はPK戦を4―3で制し18年ぶりとなる2度目のベスト8進出を決めた。
 4強進出を懸けた5日の準々決勝は駒大高(東京A)と対戦。後半22分に先制点を許したがその4分後、DF梅沢崚(3)がゴールし同点とした。ロスタイムに入り、相手ペナルティエリア前でFW大熊啓太(3)からパスを受けた長崎が決勝ゴールを決めた。
 前橋育英高との7日の準決勝では前半30分に先制点を許した。佐野日大は堅い守備からボールを奪い果敢に攻めたが、0―1で敗れた。
 
 堅守速攻貫く ◇…堅実な守備と鋭いカウンター攻撃が光った。「全員で守り、全員で攻める。ワンプレーワンプレーを大切にこなしてくれた」。海老沼秀樹監督は選手の健闘をたたえた。(・・・続きは本紙1月号へ)
 サッカー.jpg
       準々決勝で決勝ゴールを決めた長崎⑩(左)