三島高 全国連歌選手権 鈴木さん優秀賞 

付属校

2016.12.8 18:02

 高校生が連歌の付け句を競う「全国連歌選手権大会」(山陰中央新報社主催)でこのほど、三島高の鈴木春菜さん(1)が優秀賞を受賞した。


 連歌は「五・七・五」の長句と「七・七」の短句を次々とつなげる歌遊び。大会では長句と短句が一つずつ前句として出題されそれぞれの付け句を募集。全国から1378点が寄せられ、それぞれ大賞1点、優秀賞10点が選ばれた。
 鈴木さんは長句の「最初から やり直したい 夏休み」を前句に選び、「それができれば 超ノーベル賞」と付け句した。
 鈴木さんは「夏休みが終わりに近づくと誰もが思うことを表現した」と振り返った。