高校野球地方大会 札幌、大垣は準優勝 22年ぶり甲子園出場ゼロ

付属校

2016.8.5 15:39

 夏の甲子園出場を懸けた地方大会が各地で行われた。


 本学付属高は札幌日大高(南北海道)、大垣日大高(岐阜)がいずれも決勝で敗れ、本学勢の出場は22年ぶりにゼロとなった。
 4年ぶりに決勝に進んだ札幌日大は昨年の覇者の北海高と対戦。八回までに7点を奪われ、最終回に適時打で2点を挙げたが2―7で敗れた。
 大垣日大は2年ぶりの出場を懸けて中京高と対戦。初回にスクイズで先制したが、三回に2点、五回に1点を失った。最終回に適時打で1点を返しなお2死満塁と攻めたが、反撃及ばず2―3で涙をのんだ。
 東北高(福島)、日大三高(西東京)はベスト4だった。