土浦日大高 ボウリング 増井が代表で活躍 日本の6年ぶり優勝に貢献

付属校

2015.9.24 14:10

 18歳未満の高校生以下によるボウリングのアジアスクール選手権が7月25日から31日まで香港で開かれ、日本代表として出場した土浦日大高の増井陸(2)が男子4人チーム戦での優勝、ダブルス戦での準優勝に貢献した。


 6ゲームの合計得点で競う4人チーム戦では、日本チームが合計5174点をマークして2位に112点差をつけ6年ぶりの優勝を果たした。増井は1250点を獲得した。
 ダブルス戦で日本チームは、6ゲームで計2670点を獲得したが、韓国に100点差で敗れた。増井は1354点をマークした。
 増井は「初めての国際大会だったが楽しんでプレーできた。来年の世界ユース選手権に出場できるよう国内大会で実績を上げたい」と語った。
 増井は9月27日から和歌山で行われる国体に出場する。