千葉日大一高 活力テーマに新聞切り抜き 田丸さん文科大臣賞

付属校

2015.3.31 14:11

 自分で選んだテーマに沿って、新聞記事の切り抜きをまとめた作品を競う「第21回全国新聞スクラップコンクール」(朝日新聞社など主催)の高校生の部で、千葉日大一高の田丸友芽さん(1)が最優秀賞にあたる文部科学大臣賞を受賞した。


 田丸さんは小学、中学生時代を含め、3年連続5度目の文科大臣賞受賞となった。
 今回は「様々な活力―ポテンシャルを引き出す力と連鎖し発展する力」をテーマにスクラップを作成した。自然や伝統、食など九つの項目を柱にして「自分も読者も前向きになれる」記事を選んだ。
 田丸さんのスクラップの特徴は、切り抜いた記事の周りに自ら調べたことをびっしりと書き込んでいることだ。気になったニュースはネットや本で調べ、自分なりにまとめることを習慣にしているという。
 今回受賞したスクラップでお気に入りは「若田光一さんが日本人初のISS船長に就任」の項目。「国際的な信頼が無いとISSの船長にはなれないのですごいこと。若田さんの記事をまとめると元気が出た」と目を輝かせながら語った。
 ことしのコンクールに向けても、すでにスクラップの制作を始めた。「来年は受験が控えているので、おそらく応募はことしが最後。読者も自分も明るくなれるようなスクラップを作りたい」と話した。
 スクラップ.jpg
 自作のスクラップを紹介する田丸さん