長野日大高 駅伝 初の全国大会50位 山田監督「レベル違った」

付属校

2010.3.23 16:35

 駅伝の全国高校競走大会が昨年12月20日、京都市の西京極総合運動公園陸上競技場をスタートに7区間(42・195キロ)で行われ、男子の部に初出場した長野日大高は58校中50位に終わった。優勝は世羅高(広島)。


 今大会は60回記念として各地区に特別の出場枠が設けられ、同高は北信越地区代表として出場した。
 山田憲一監督の話 レベルの違いを感じたが良い経験ができた。選手たちは再び全国大会に出場することを目標に前向きに練習に取り組んでいる。