土浦日大中等教育 生徒主体エコ活動 ペットボトルのふた集める

付属校

2008.7.25 13:56

土浦日大中等教育学校は、回収したペットボトルのキャップをリサイクル業者に売却し、利益を「世界の子どもにワクチンを日本委員会」に寄付するボランティア活動に取り組んでいる。


 NPO法人エコキャップ推進委員会が進めている活動で、富山愛未さん(6)が学校全体でこの運動に協力することを生徒会に提案したことがきっかけとなった。取り組みは5月下旬から開始した。各クラス委員が用意したダンボールなどにキャップを集め、それを生徒会が回収している。期限などは設けず、今後も継続する。