メニューの開閉

学生社会

任任さんが最優秀論文賞

  • ピックアップ
  • 学生社会
  • 生産工学部

国際会議で最高評価  論文生産性の評価を発表

9月21、22日にオンラインで開催された国際会議の「ICONETSI」で、任任さん(生産工学研究科マネジメント工学専攻修士2年)がBest Paper Award(最優秀論文賞)を受賞した。

同会議は持続可能な産業と社会を育成するため、工学と情報技術の分野を結びつけることを目的としている。今回のテーマは「回復・持続可能な産業のための技術革新」。その中で、最優秀論文賞は生産管理、サプライチェーン、自動化の3部門それぞれで最も評価の高い論文に贈られる。

任任さんは生産管理部門で「論文生産性」をテーマに発表。「論文生産性」とは科学技術の研究のため、限られた人的、資金的資源等の中で、成果の計測という観点から効果を最大化するための指標。研究開発費や研究人数などさまざまな変数要因で分析結果が変化する。

今回の発表では諸要因を「国」「組織」「個人」の三つに分類し、論文生産性をテーマとした過去の論文を分析。論文生産性において、論文評価の信ぴょう性を高めるには単一の分類要因からではなく、複数の分類要因から分析することが重要だと論じた。

任任さんは生産工学を研究する中で、価値のある作業を増やし、無価値な作業を減らす「理論値生産」に興味を持った。そこから論文生産性の研究を始め「自分の研究を世界に発信したい」と国際会議に初めて参加した。

「初の国際会議でこのような賞を受賞できて自信になった」と任任さんは喜びを語る。今後は「中国と日本の論文生産性の違いの原因を分析して生産性を高める提言をしたい」と意欲を示していた。

合わせて読みたい

学生社会

国際関係 前ユネスコ事務局長が講演 「グローバルな人材たれ」

 元外交官で国連教育科学文化機関(ユネスコ)事務局長も務めた松浦晃一郎・日仏会館理事長(74)が7月17日、国際関係学部で「国際人のすすめ」と題して講演した。

学生社会

理工 地域の課題解決で貢献へ 富里市と協定締結

理工学部は2月24日、千葉県富里市と「包括連携に関する協定」を締結した。街づくりに関するさまざまな分野での相互協力を目的に、鉄道の駅がない同市の公共交通の改善や行政のデジタル化などの課題について協議し、取り組む。同学部が […]

学生社会

リズム・S 山野ジャズコン13位 来年の本選出場決める ラテンのリズムで会場を盛り上げた

 リズム・ソサエティ・オーケストラ(横沢隆徳バンドマスター∥経済・産業経営4)は8月15日、さいたま市の大宮ソニックシティ大ホールで行われた山野ビッグバンドジャズコンテストに出場した。35組中13位に入り、来年の本選への […]

学生社会

2011年入試 「N方式」を新設 同一の日程、問題で 法、経済、商学部で実施

 本学は2011年度入試から、同一日に同じ問題の試験を複数会場で行う「N方式」入試を初めて実施することを決めた。初年度は法(第一部)、経済、商の3学部での導入となる。酒井健夫総長が2年前の就任時に掲げた統一日程試験導入が […]