メニューの開閉

学部・大学院

生産工  学生ら65人が参加  自動車技術を実験通じ学ぶ

生産工学部の見坐地一人教授(数理工学)が幹事を務める自動車技術会・振動騒音部門委員会主催の技術者育成プログラム「実学より学ぶ振動騒音技術」が9月2日に同学部の津田沼キャンパスで行われ、学生ら65人が参加した。

同プログラムは、大学で学ぶ数学や力学の基礎理論と自動車開発のつながりを、実験やデモンストレーションを通して学ぶことが目的。年に1度、中央大や神奈川大などの大学、企業などで実施され、ことしで12回目となる。参加者は入社3年未満の若手技術者と自動車業界志望の学生で構成され、対面の参加者は4グループに分かれて二つのミニ実験と五つのデモンストレーションを通して自動車に関する技術を学んだ。

このうちミニ実験2では、エンジンやモーターなどから発生する騒音や振動を低減する防音材の特性について実験した。参加者は車の模型の中にフェルトやゴムでできた防音材を詰め、材料の組み合わせによる防音性の違いを体験した。

参加者は「教科書で習った数式と頭の中のイメージがつながった」「自分の目で事象を確認することで理解がより深まった」とプログラムの内容に満足していた。

実験を通して自動車技術を学ぶ参加者

合わせて読みたい

学部・大学院

ライフセービング 全日本 オーシャンウーマン3連覇 三井が2年連続2冠 

 ライフセービングの全日本選手権が10月12、13の両日に神奈川県藤沢市の片瀬西浜海岸で行われ、九十九里ライフセービングクラブの三井結里花(文理・体育4)がオーシャンウーマンで3連覇を達成した。

学部・大学院

川合もてぎシリーズ優勝 来月、日本一決定戦へ

 生産工学部に在学中の学生レーサー川合孝汰(機械工3)が10月25日に閉幕したフォーミュラレース「スーパーFJ地方選手権」のもてぎシリーズで、シリーズチャンピオンに輝いた。

学部・大学院

文 理 温暖化などめぐりシンポ 8人の教員が報告

 文理学部地球システム科学科主催のシンポジウムが7月3日、同学部百周年記念館国際会議場で開かれ、ヒートアイランド現象や東日本大震災の被害状況などについて同学部教授ら8人が報告、学生ら約200人が聴講した。  シンポは2部 […]

学部・大学院

理工 「まち歩きマップ」作成 「下田の魅力知って」

理工学部建築学科の山中新太郎教授の研究室と静岡県下田市の市民が共同編集した冊子「しもだっこマップ」がこのほど完成し、6月1日から市役所や道の駅、店舗に配布された。 2019年7月から2年間にわたって行われた「旧下田地区歴 […]