メニューの開閉

学部・大学院

学部祭実行委員会交流会  対面開催に向け  ノウハウを共有

第1回学部祭実行委員会交流会が6月18日に日本大学会館の大講堂などで行われた。

交流会は、全学部で対面の学部祭開催に向けて、必要となるノウハウの共有が目的。本部学生課が主催し、対面とオンライン合わせて54人の各学部祭の実行委員が参加した。

冒頭に各学部祭のテーマや検討している企画を実行委員会から紹介。その後で13~14人のグループに分かれ、昨年対面で実施した経済学部、松戸歯学部の実行委員などを中心に、意見交換が行われた。

具体的には、新型コロナウイルスの感染症対策をはじめ、例年行っている募金活動、芸人を招いてのショーの集客・集金方法などについて話し合われた。

合わせて読みたい

学部・大学院

スケボー 二刀流で東京五輪へ挑戦 平野、国内大会3位

 スノーボード男子ハーフパイプで冬季五輪2大会連続銀メダルに輝いた平野歩夢(スポーツ科2=木下グループ)が、スケートボードでの東京五輪出場に向け好発進した。

学部・大学院

自校史教育シンポジウム 担当者養成振り返る 意義、課題をめぐり議論

 本学の自校史教育担当者養成事業を振り返る「日本大学の自校史教育担当者養成実践シンポジウム―『自主創造の基礎』の充実化をめざして―」が11月4日、日本大学会館大講堂で開催された。本学の教職員のほか他大学の専門家らも出席、 […]

学部・大学院

法・放送研 秋の番組発表会開催 聴取者から回答募る趣向も

 法学部の放送研究会(榎木雄一委員長=経営法3)は「BANG!爆発は芸術だ」をテーマに、法桜祭で秋の番組発表会を3日間にわたり開催。ラジオ番組やショートドラマなど30作品を発表した。会場は本学OBや他大学の放送研究サーク […]

学部・大学院

芸術 小学生が未来語る 最優秀賞「ごみへらし計画」

 芸術学部が主催する「22世紀の予言アイデアコンクール」(ANA特別協賛)の最終審査が8月28日に行われ、最優秀賞に京都市の立命館小学校3年生の東慧紀くん(8)のアイデア「ぼくのごみへらし計画」が選ばれた。応募総数は80 […]