芸術  日藝賞に中村至男さん  3年ぶりに対面で授賞式  

学生社会

2022.4.20 15:47

第16回「日藝賞」にグラフィックデザイナーの中村至男さん(1990年美術学科卒)が選ばれた。授賞式は、4月8日に芸術学部江古田校舎大ホールで開催された入学歓迎式の中で行われ、3年ぶりの対面での発表となった。
同賞は芸術学部に在籍経験のある全ての人を対象に、著しく「日藝」の名声を高め芸術を志す学生に夢を与えた人物に贈られる。在校生、教職員、校友会役員などの投票を基に受賞者を決定した。
中村さんは卒業後、CBS・ソニー(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)に入社し、97年よりフリーランスで活動を開始。グラフィックデザインを中心に広告やイラストレーション、ブックデザインなど幅広い分野で活躍している。
2014年には絵本『どっとこ どうぶつえん』を出版し、同作品がグラフィックや編集の優れた児童図書に送られるイタリアの「ボローニャ・ラガッツィ賞ノンフィクション部門」を受賞した。18年には個展告知ポスター「中村至男展」のユニークな世界観が評価され、日本グラフィックデザイナー協会が主催する第20回「亀倉雄策賞」に輝いた。
中村さんは「仲間と切磋琢磨して一生ものの時間を過ごしてほしい」と新入生を激励した。