法 21年弁理士試験  最年少久住さん

学生社会

2022.3.20 13:03

特許庁の1月11日の発表によると、2021年度弁理士試験に久住愛美さん(法・経営法3)が最年少(20歳)で合格した。
弁理士は知的財産権の出願や訴訟手続きの代行などを行う難関の国家資格として知られる。21年度の総受験者は3248人で、合格者は199人。合格率は6.1%だった。
経営法学科の「知的財産コース」に在籍する久住さんは、学部が資格取得を支援するため設置した「学生研究室」の「弁理士科研究室」にも所属し、実務経験が豊富な本学卒業生の現役弁理士から指導を受けるなどして勉強を続けた。
久住さんは「将来は意匠や商標についての業務を担当したい」と話した。