12月に2学部祭をオンライン開催

学生社会

2022.1.20 11:38

国際関係富桜祭 ラップ映像を放映 4308人が視聴

国際関係学部の富桜祭が昨年12月18、19の両日、オンライン開催された。
テーマは「Have a 71ce time!(ハブ・ア・ナイス・タイム)」。全ての参加者に楽しんでもらおうという思いを込めた。
今回初開催の「ラップパフォーマンス」は、提供音源に参加者自身で詞をつけ、映像編集まで手掛けて披露する企画だったが、残念ながら参加は3年生の1人だけ。放映された映像では、まずラップ音楽の起源などを紹介。その後約2分間のパフォーマンスが流された。
また、18あるクラブと12のゼミを紹介する「シアター」コーナーでは、それぞれ5分~10分で活動内容などを紹介した。
全体の視聴者は2日間で4308人。映像はYouTubeで見られる。
記者の感想 昨年との違いを出すための新企画が魅力的だった。来年こそ有観客での開催を期待したい。

医翠心祭 受験生向け翠心祭 くじ引き大会開催

医学部の翠心祭が、昨年12月20日から約1カ月の予定でオンライン開催されている。
サイトには現在、学生が作成した受験生向けの医学部紹介動画が12本投稿されており、学生研究のための部活動nーCME部や、31枚の写真で魅力を伝える写真部など、さまざまな部活動の様子を知ることができる。また、恒例のビンゴ大会は今回オンライン上のくじ引きとして開催。期間中なら、誰でも1人1回まで専用フォームで応募できる。特賞はロボット掃除機。
実行委員長の原拓也さん(医3)は「オンライン上のやり取りだけで計画を進め、開催できた。サポートしてくれた人たちに感謝したい」と話した。
記者の感想 豪華賞品が用意されたオンラインくじ引きに応募したくなった。学部の部活動を紹介する動画は、他学部の私でも入りたくなるほど楽しそうだった。