メニューの開閉

学部・大学院

商  虫逃がすグッズ  総合優勝果たす

マーケティングを学ぶ全国の大学生が参加する商品開発コンテスト「Student Innovation College 2021」の総合決勝戦が10月3日にオンライン上で開催され、商学部の水野学ゼミの学生チームが考案した「むしキャッチリー」が総合優勝を果たした。
むしキャッチリーは、屋内に現れた虫に手を触れることなく捕獲し、簡単に外に逃がすことができるユニークな商品。中に入っている虫を見たくない人のために「目隠しシール」まで同封されている。8月には通販サイトで1500個を予約販売した。
ゼミチームの大庭周也さん(商業4)は「1年を通した活動が優勝につながりうれしい。学びながら挑戦を続け、新しいことを成し遂げられたのは良い経験になった」と語った。

合わせて読みたい

学部・大学院

リズム・S 山野ジャズコン9位 めりはりつけ、単調さ克服

 全国の大学ビッグバンドが頂点を競う山野ビッグバンドジャズコンテストが8月15、16日、さいたま市の大宮ソニックシティ大ホールで行われ、本学リズム・ソサエティ・オーケストラ(山根一樹バンドマスター=文理・国文4)が9位に […]

学部・大学院

国際関係 構内に期日前投票所 若者の投票率向上を目指す

 国際関係学部と三島市選挙管理委員会は4月26日、同学部北口校舎1階ロビーに期日前投票所を設置することなどを定めた協定を締結した。

学部・大学院

文理 食事を記録して栄養管理 アプリ共同開発進む

 文理学部の松本恵准教授(スポーツ栄養学)が、凸版印刷株式会社と共同でアスリートの食事管理を支援するスマートフォン向けアプリの開発に取り組んでいる。

学部・大学院

ライフセービング 全日本プール 三井が花形種目V6 成沢は女子200㍍障害を制す      

 ライフセービングの全日本プール競技選手権が5月21、22日に横浜市の横浜国際プールで行われ、九十九里ライフセービングクラブの三井結里花(24歳、2014年文理卒=鶴ケ丘高教員)が女子200㍍スーパーライフセーバーで6連 […]