ゴルフ日本女子学生 星川V、田中は3位 本学勢の優勝は10大会ぶり

スポーツ

2019.11.7 18:37

ゴルフの日本女子学生選手権が8月28日から30日にかけて、兵庫県小野市の小野ゴルフカントリークラブ・NEWコース(6367ヤード・パー72)で行われ、星川ひなの(国際関係2?熊本国府高)が、本学女子としては10大会ぶりとなる優勝を果たした。主将の田中のどか(スポーツ科4?日大櫻丘高)が、星川と2打差の3位に入った。


 大会には47人が参加。ストロークプレーで計54ホールを回った。
 初日は田中が68で単独首位に立ち、星川は田中と3打差の3位タイで終えた。2日目は星川が自己ベストの66で単独首位に立ち、田中は2位に後退。田中は最終日7番ホールでバーディーを決め、首位星川に並んだが、星川が粘りのプレーで逃げ切った。
 星川の話 最終日は緊張で体がこわばったが、絶対に優勝する思いでプレーした。(前回大会準優勝の)雪辱を果たせて本当にうれしい。次は(10月末の)朝日杯の頂点を目指したい。